忍者ブログ

御製(天皇陛下のお歌) ふりつもる み雪にたへて いろか へぬ 松ぞををしき 人もかくあれ 解説:どれほど難題が待ち構えていよう とも、あのみ雪に耐えて色を変えない松のように、私たちの大切な国を もっと良い美しい国にしていく。

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/13 canon eos 600d kit]
[03/04 かっくるなかしま]
[11/19 tomyk]
[11/04 tomyk]
[07/30 検察OB]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ステディ ベア
性別:
男性
職業:
世間観察業
趣味:
JAZZ 演歌 讃美歌
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(再掲)
近衛がこのとき「第三次近衛声明」を楯にとりながら、「確信がある」と答えていれば、東条としてはそれで陸軍内の主戦論者を当面は抑えられたであろう。ところが・・・

「・・・陸相は『その総理の結論(交渉継続)は早すぎる。一体、成立の見込みのない交渉を継続して、ついに時機を逸すると言うことになっては一大事である。一体外務大臣に交渉成立の見込みありやと考えるかどうか。』と、外務大臣に向かって質問したところが、外務大臣は『それは条件次第である。今日の問題の最難点は、結局支那の駐兵問題だと思うが、これについて陸軍が従来の主張を一歩も譲らないと言うことならば、交渉の見込みはない。しかしそのときにおいて多少なりとも譲歩しても差し支えないと言うことであれば、交渉成立の見込みは絶対にないとは言えない。』と答えた。」(近衛公の手記)

近衛はここで、東条が「交渉成立の見込みありや」とした質問を外務大臣に向かって発した、と書いている。しかし、東条がその前段において「総理の結論は早すぎる。」と言っていることから見ても、この質問は首相及び外相に向かって発した、と考えなければならない。

それなのに、何たることか、近衛はこの東条発言が外務大臣に向かってなされた、という自己流の解釈によって、自らの応答責任を回避しているのである。繰り返す。近衛はこの瞬間に天皇の「和平』の意を体し、一身を擲(なげう)ってでも「確信がある」と答えるべきだったのだ。

一番肝心な瞬間に、国政のトップに居る人物が「第三者」のような対応をし、「批評家」のような手記を恥ずることなく残していることに驚くとともに、これでは当時の国家が迷走するはずである、と深く失望するものである。

議論が進む中、東条は鈴木企画員総裁の発言がないことを含めその雰囲気から、三国の情報どおり陸軍への包囲網を確信した。

東条「駐兵だけは陸軍の生命であって絶対に譲れない。」と言い、豊田に向かって

「では改めて訊くが9月6日の御前会議のときはこの件(外交交渉)をどう考えていたのか。」

と追求した。これに対して実に無責任な回答が返る。

豊田「そう言わないでくれ。あれは軽率だった。」

あの、異常な雰囲気の御前会議で豊田は目立った発言を残していない。実に情けないが、仮にも海軍大将である。当然、東条の怒りが爆発する。そんな険悪なやり取りの中、

近衛「この際は名を捨てて実をとり、形式はアメリカの言うようにして、実質において駐兵と同じ結果を得ればよいではないか。」

と、東条をなだめ、当初の方針であった「外交交渉継続」の結論を述べるとともに、ある意味「無責任な放言」をしたのである。

近衛「今どちらかと言われるなら、外交でやると言わざるを得ない。戦争に私は自信がない。自信がある人でおやりなさい。」

東条「これは意外だ。戦争に自信がないとはなんですか。それは国策遂行要領を決定するときに論じることでしょう。」

これは東条のツッコミのほうが正しい。御前会議の席では天皇が外交交渉を主にせよ、と意見を述べたが、曖昧ながらその「帝国国策遂行要領」は一応決定された形になったのである。
「戦争に自信が持てない」と考えるのであれば、あのときに首相としてそう表明しておくべきだったのだ。

和戦の決定に関する「殆ど最後の会議」は四時間に及んだ。首相と外相と海軍の意見は「外交交渉継続」で一致しているにも拘らず、東条=陸軍には遂にそれを呑ませられなかった。
首相としての近衛の政治上の実力のなさはこの日の会議の経緯に象徴的に顕(あらわ)れていた。

斉藤 隆夫(※)は昭和15年2月に、日中戦争を泥沼化させた近衛声明による戦争処理を「唯、徒(いたずら)に聖戦の美名に隠れて、国民的犠牲を閑却した」と批判し、国会議員を除名されてしまったが、その除名中の16年10月(近衛退陣直後)に次のように書いた。

「近衛には『若さ』も、『知性』も、『人品』も揃っていたが、政治家として最も必要とされる『政治上の実力』がなかった。」(「近衛 文麿公を論ず」)

(※) 斉藤 隆夫
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h15/jog282.html

(続く)

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL