忍者ブログ

御製(天皇陛下のお歌) ふりつもる み雪にたへて いろか へぬ 松ぞををしき 人もかくあれ 解説:どれほど難題が待ち構えていよう とも、あのみ雪に耐えて色を変えない松のように、私たちの大切な国を もっと良い美しい国にしていく。

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/13 canon eos 600d kit]
[03/04 かっくるなかしま]
[11/19 tomyk]
[11/04 tomyk]
[07/30 検察OB]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ステディ ベア
性別:
男性
職業:
世間観察業
趣味:
JAZZ 演歌 讃美歌
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

URL 中韓の批判に合理性なし  インドの元国家安保委事務局長補

 

米国やアジアの政治・安全保障に詳しいインドのラジェスワリ・P・ラジャゴパラン氏は産経新聞と会見し、安倍晋三首相の靖国神社参拝をめぐる中韓などの批判について、「合理的正当性はない」などと語った。主な発言は次の通り。(ニューデリー 岩田智雄)

 どの国も亡くなった兵士に敬意を表する権利がある。安倍首相の靖国参拝をナショナリズムの高まりや軍国主義の復活とみるべきではない。

 日本の首相は何人も靖国神社を参拝しているが、1985年の中曽根康弘氏の参拝に中国が抗議を始めるまでは、今回のように問題視されることはなかった。中国の経済的台頭などが厳しい反応の背景にある。

 日中間の第二次大戦に関する問題は78年の平和友好条約調印で終わっている。中国は再びこの問題をむしかえし、韓国も異議を唱えているが、そこに合理的な正当性はない。

大戦の戦犯を裁く東京裁判で、インド人のパール判事は、日本人を誰もA級戦犯に分類すべきではないと主張した。当時、インドには日本軍の行動に理解を示す者もいた。今日においても日印両国はアジアの平和と安定をどう図るかで多くの共通の認識を持つ。

 インドが今月26日に行われる共和国記念日の軍事パレードに安倍首相を賓客として招いていることは、大きな政治的メッセージを含んでいる。両国は米国を含めて対話を深め、安全保障分野などで協力をさらに進めるべきだ。

 

「本当は 一番知りたい 現代史 なのにいっつも 何故時間切れ」

 

きっかけ:1986年 中曽根首相が靖国神社参拝を取りやめたことに端を発す。

 

中曽根大勲位はそれまで10回にわたり靖国参拝、しかも1985年8月15日には、現職首相として初めて靖国神社に公式参拝した。ところが、このとき、朝日新聞が、1978年に合祀されたA級戦犯のことを取り上げ、公式参拝を問題視する。いわゆる中国に対する「ご注進報道」。この問題をどう思うかと聞かれれば、シナ側も「公式参拝はアジア各国人民の感情を傷つける」と言わざるをえまい。

 

 かくして、大勲位は1986年に一転して靖国参拝を取りやめたのだ。弁解はこうだ。

 

「A級戦犯に礼拝したという批判があり、近隣諸国の国民感情に配慮するために、首相の公式参拝を差し控える」(「内閣総理大臣その他の国務大臣による靖国神社公式参拝に関する官房長官談話」後藤田正晴官房長官:当時)

 

しかし、A級戦犯が合祀されたのは1978年、それが報じられたのは1979年。その後も大平正芳首相、鈴木善幸首相が靖国参拝。にもかかわらず、シナやコリアからはまったく批判なし

本来は毅然として突っぱねればいい問題だったが、こうした対応のまずさが、中国に靖国問題の対日カードプレゼント。「ご注進報道」にシナが反応、その圧力に日本が屈するというパターンが完成。

 

大勲位の弁解

「この参拝が中国の内部の権力闘争に援用され、特定政治家の失脚につながる危険があるという情報を聞き、日中友好を維持するために参拝は行わなかった(『読売新聞』1992年8月14日付)。

 

 ここで言う「特定政治家」とは、当時カネ欲しさに日中友好政策を推進していた胡 耀邦のことだ。さらに大勲位はこんな弁解もしている。

 

「我が国にとって最大の脅威はソ連であって、我が国の平和を確保するためには何としてでもソ連を封じ込めておかねばならない。そのためには中国が一枚岩で安定していることが絶対条件で、鄧 小平体制を危うくすることはどうしてもしてはならないとの考えで、敢えて中止に踏み切った(平沼赳夫著『国を憂いて』)

 

 戦没者の慰霊は国家の尊厳に関わる問題であり、他国の国内事情などで取りやめていいようなものではない。大勲位は口ではうまいことを言うが、国に殉じた人々を慰霊することの重大意義をほとんど解していなかったのである。さらに言えば、シナへの配慮とはシナからの不当な要求に屈服したことになり、かえってシナに侮られ、反日を助長させて、日中関係を現在のような不正常なものにしたのだ。

 

 そもそも当時の大勲位が行った参拝方法は、敬虔さに欠けた不真面目なものであった。参拝反対派への配慮から二拝二拍手一拝の正式な作法をあえてとらず、ただ単に神前で頭を下げるだけであった。

 

 これに抗議する意味で、宮司が正装を外して彼を出迎えたエピソードは有名である。ある新聞はこのようなやり方を「中曽根方式」などと命名し、一種の参拝方式のような受け止め方をしていたが、いやしくも首相たる者のこのような振る舞いは、「参拝」とは決して言えない。そう言えばあの小泉も、ポケットからの小銭をチャランと放り投げ、ペコンと頭を下げるものであった。

 

 要するに大勲位は英霊に対する厳粛さなど持ち合わせていなかった。彼がそれまで行ってきた参拝は、所詮は有権者である戦没者の遺族に配慮しただけのものだったとしか考えることができない。

 

 このとき以来、日本の首相はおかしくなった。大勲位が守ろうとした胡 耀邦は結局失脚し、その後死去したが、一度中国の要求に従ったために、歴代首相は参拝しないことが慣例化してしまったのだ。

 

 日本人の思いやりを美徳だが、国家としての思いやりは相手次第で国益を大きく損なうものだ。

 靖国の問題は、あくまで心と魂の問題として考えるべきだ。靖国神社参拝の是非を問わなければならないというなら、本来は国民に問うべきだ。いちいち参拝の「許可」を中国に求めてどうする。

 

バチカン市国やリヒテンシュタインは別として、近代国家は、国益が最優先であり、「1に国益、2に国益、3、4がなくても5に国益」だ。自国の国益に先んじて他国の国益を第一優先することは、自ら下国として振る舞うことであり、自国の品格まで落とす属国転落への第一歩だ。

 

 今回、7年ぶりに安倍首相が参拝したが、そうした悪習から抜け出すチャンスであることは間違いない。 実際、さまざまなメディアが批判しているが、安倍首相の参拝支持の方が多い。大晦日の「朝まで生テレビ」では、参拝の是非を問う電話アンケートで、参拝支持が7割だったが、番組最後であったため、田原総一郎はこれを完全に「シカト」した^^:)

 

 

新年のオマケ

(URL)米、南極海へ砕氷船派遣 立ち往生の露、中国船救出へ 


「人命の 尊さ 露・シナに 説くアホウ」

 

米沿岸警備隊は4日、昨年12月下旬から南極海で厚い氷に阻まれ立ち往生しているロシア、中国両国の船の脱出を支援するため、砕氷船を現地に派遣すると発表した。救助活動をしているオーストラリア当局と中ロ両国の要請に基づく措置。

 外交や安全保障の分野では中ロと対立することが多い米国だが、沿岸警備隊は砕氷船投入の理由について「海における人命の安全が私たちの最優先事項だから」と説明している。

 科学者や観光客を乗せたロシア船がまず立ち往生。その救出活動に協力した中国の砕氷船も同様に動けなくなった。

 米国の砕氷船は「ポーラースター(北極星)」。同警備隊で就役中の唯一の大型砕氷船で、厚さ約1・8メートルの氷を砕きながら継続的に航行したり、同6・4メートルの氷を砕いたりする能力がある。(共同)

 

 

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字