忍者ブログ

御製(天皇陛下のお歌) ふりつもる み雪にたへて いろか へぬ 松ぞををしき 人もかくあれ 解説:どれほど難題が待ち構えていよう とも、あのみ雪に耐えて色を変えない松のように、私たちの大切な国を もっと良い美しい国にしていく。

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/13 canon eos 600d kit]
[03/04 かっくるなかしま]
[11/19 tomyk]
[11/04 tomyk]
[07/30 検察OB]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ステディ ベア
性別:
男性
職業:
世間観察業
趣味:
JAZZ 演歌 讃美歌
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我が体内の「血が逆流する」ような文章に久しぶりに遭遇した。
以下紹介するのは昨年の12月12日に書き込まれた作家なだ いなだ氏のブログ「URL打てば響く」からの内容である。

彼は普段はフランス人の妻と異国で暮らしており、時々帰国しては、怪しげな運動の支援に参加している。元精神科医ということであるが、いまやミイラ獲りがミイラになってしまっているのではないか?
そうとしか思えないような思想的退廃振りである。さて、どんなことを書いているのか・・・・

また、間隔があいてしまいました。失礼しました。現在の感想を書きます。まず日本についての感想。ある新聞の記者が電話をかけてきました。

記者「鳩山内閣は混乱しているようですが、どう見られますか」

なだ「混乱してはいけないですか。良寛和尚式にいえば、混乱する時は混乱しなさいです。その必要があるから混乱する。それともあなたがたジャーナリストは、一糸乱れず行進する閲兵式風の軍隊のように、内閣も整然と行進していなくてはいけないとお考えですか」

「混乱する時は混乱しなさいです」とは異な事を言うではないか。さらに彼は言う、「一糸乱れず行進する閲兵式風の軍隊のように、内閣も整然と行進していなくてはいけないとお考えですか」と。

国政の運営と軍隊の閲兵とを比較することが適当と思っているようだが、本質的に比喩というものを全く理解していないようだ。
今の混乱状況とは、普天間基地移設に関して防衛、外務、少子化各大臣、あまつさえ幹事長までがてんでんばらばらの方向を向いて発言し、総理がそのたびに前言を翻すため、傍(はた)から見ていると全く展望さえ見えず、危なっかしくてしょうがない外交・安全保障問題のことだ
しかも、ノイジーマイノリティたる少子化大臣は完璧な反日売国夢想主義者なのだから、この混乱は百年待っても解決するはずが無い。

民が選んだ(とされている)内閣は基本的な意思を統一し、たとえ政権が変わろうとも対外的には従来の国家間の取り決めを軽々に覆すようなマネは決してしてはならないのだ。こんなことはこのオイラが言わなくとも国政に携わろうとする者、オマイらは判っていたんじゃなかったのか。

「そもそも、沖縄問題は、そんなに緊急性のある問題ですか。それよりも沖縄の未来がかかっているのです。じっくり考えるべき問題ですね」

これは二重の意味でなだ氏の暗愚を証明している。
緊急性が無いのであれば、内閣発足直後に真っ先にこの問題を取り上げる必要は無かった、ということであり、それをしてしまった鳩山は虚(うつ)け者だ、ならばなだ氏が責めるべきはそこのはずだが、何故か鳩山を擁護している。まったく理解不能だ。

(続く)

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL