忍者ブログ

御製(天皇陛下のお歌) ふりつもる み雪にたへて いろか へぬ 松ぞををしき 人もかくあれ 解説:どれほど難題が待ち構えていよう とも、あのみ雪に耐えて色を変えない松のように、私たちの大切な国を もっと良い美しい国にしていく。

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/13 canon eos 600d kit]
[03/04 かっくるなかしま]
[11/19 tomyk]
[11/04 tomyk]
[07/30 検察OB]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ステディ ベア
性別:
男性
職業:
世間観察業
趣味:
JAZZ 演歌 讃美歌
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鈴木「ちょっと、そのためのプロセスを教えてくださいよ。」

田嶋「池田さん、池田さんいい?軍需産業は・・・」

宮崎(さえぎって)「アメリカ、アメリカは日本に対して原爆で攻撃しましたよね。それ、どういう評価されているかというと、一部の知識人には『あれは非道な行為であった、国際法違反であった。』という意見もありますけども、大多数の人たちは米兵の命を救うためには仕方がなかったということで、一般的に言われています・・・」

テロップ:6/4 米世論調査によるとアメリカ国民の60%以上が「原爆投下は正しかった」

田嶋(相変わらず途中でさえぎって)「でも今変わってきた、アメリカも。」

宮崎(かまわず続けて)「なかなか被爆者の声は通りにくいという状況で、これ、どう考えますか?」

池田「私のほうはアメリカを被告にして裁判を起こす準備やっています。」

一同「おおー」(感嘆の声)
勝谷「それはいい、それはいい」
萌ちゃん「すごーい」
宮崎「それはすごい」

テロップ:新原爆裁判構想(日本反核法律化協会)
「広島・長崎の被爆者を原告とし、原爆投下した米政府を被告とする裁判」が準備されている。


池田「でね、被爆者、広島、長崎の被爆者が原告となって、アメリカの連邦裁判所に原爆投下は国際人道法に違反して、違法である。だから、賠償せよ、という訴訟の準備をね・・・」

みんな納得、会場拍手。

辛坊アナ「ちょっと皆さんに伺います。それでも日本は核武装すべきだ、と思うか。思うか思わないか手元のボタンを押してください。」

鈴木「初めてだなぁ、こうゆう(ボタン)の・・・」

日本は核武装すべき、すべきでない、一斉に表示

萌ちゃん「ダメ」
田嶋「ダメ」
鈴木「ダメ」
宮崎「(ボタン押さず)」
勝谷「すべき}
田母神「すべき}
三宅「ダメ」
ざこば「すべき」

三宅「ボクはね、日本が核武装をする必要は全くない、と思う。だけどね、在日米軍が日本に寄港するときは核は持ってる、もうそんなことは大河原さんとかいろんな外務次官経験者もしゃべってるし、アメリカの外交文書にも公開文書にも既に出ている」

宮崎、チャリーンと「ダメ」表示決定

三宅「それならばアメリカの在日米軍が寄ったときは核を持ってる、ということを認めたらいい。だから、持たず作らず、はいいよ、持ち込ませずについては日本は在日米軍が持ってる、って言ったらいいよ。それで抑止力になる。」

田嶋「そうなったときはもう救いはないよ。」

ざこば「先生の話では、どんどん、こう、世界に広がったら、ボクこう、(と、チャリーン「ダメ」表示)しますよ。」

池田「おーう、おーう。」(池田のみ拍手)

ざこば「せやけど、いまのんでは頼り無(の)うて、こう・・・」(と、チャリーン「すべき」表示)(池田がっくり、場内大爆笑)

田母神「だからね、今はですね、ドイツとかイタリアとかはNPTが出来た当時からですね、このニュークリアシェアリングという、アメリカの核兵器をドイツやイタリアが日常的に使って訓練しているというシステム、条約になっているんです。で、例えばロシアの核の恫喝をドイツが受けたら、アメリカが一定量の核兵器をドイツに引き渡す、ということになっているんです。で、日常的に訓練をしているんですね。んで、日本もね、少なくとも核の持ち込みは認めて、ニュークリアシェアリングシステムをとれば、今の状況よりはね、非核三原則の状況よりずっと日本の自主性というものは高まると思いますよ。アメリカはね、結局日本を守らなければいけない、という状況が高まると思いますから。」

田嶋「そんなことない、そんなことない、日本は信用しない、だけどね、根本にあるのは原発を作ってるアメリカ、作ってるから売りたい、だから日本にも核武装させようとしている傾向がアメリカの保守にあるんですよ。」

三宅ほか田母神、宮崎、勝谷らが一斉に「そんなことありませんよ、何をバカなことを言ってるんだ。自分の思い込みでいってるんだから・・・妄想でしゃべってるんだから。妄想教(狂?)だよ。」

池田、田嶋に賛意を示し、拍手しながら、指差して「もっと言え」のOKサインを送る。

田嶋「妄想じゃないよ」

池田(手で大きな三角形をつくり)「膨大な軍需産業」

田嶋「軍需産業だよね。」

三宅「あんたねぇ、F-22を売らなかったアメリカがねぇ、原爆を売るはずがないでしょう。」

田嶋「いや、あのF-22を22機、日本が買いたいっつってたの、あの自衛隊が、あんなモン買ったってしょうがないのに、だけど売らないのはそこに軍事機密がはいってるからだよ。」

池田「そうだ、そうだ、そうだ」

田母神「判らん人が言ったってしようがないから・・・判らん人が言ったってしようがないから。」

池田、田母神を手で追い払う仕草で対抗。

田母神「アメリカはね、今までね、アメリカと同じ性能の戦闘機や護衛艦を売ったことは一回もない。アメリカは例えばF-22が出来て、あれに金をかけて能力向上版で1ランク、2ランク上のものが出来たときに始めて古いものは日本に輸出する、という形になっているんです。」

勝谷(池田に向かって)「あなたは今聞き捨てにならないことを言った。日本が今F-22を買うことはどうして×××(聞き取り不能)なの?」

池田「F-22なんてねぇ、今の日本の自衛隊に必要ないっ。」

田母神「なんで?あなたは日本の国をどうやって守るんですか?守らなくていいんですか?」

田嶋「もう、何から守るのよぉ。」

池田(田母神にうんざりと)「おまぇなぁ・・・日本はねぇ・・・アジアからね、脅威、脅威、脅威で飯食ってんじゃないか?脅威がなくなったら飯が食えなくなるんだろ?」

田母神「いや、だから、あーたは眼が開(あ)いてんですかって?ホントに。」

池田「アジアからの何の脅威があるんだよ?

田母神「眼ぇ開(あ)いてんですか?ホントに。軍事力の実態がどうなってるかほとんど判らない状態で言ってるわけだ、ただ自分の願望で、だから宗教の世界ですよ。」

池田「だから、アジアで共同体(と手でこね回す仕草)作ればいいんじゃないのよ。」

三宅(すっかり冷め切った表情)「はい、もう、終わろ。」

勝谷「終わりましょう。」

三宅(丁寧に頭を下げて)「長々とご苦労様でした。」(一同大爆笑)

田嶋「だけどさ、あたし思うんだけどさ、こういう議論するときはもっとVTRで最新の情報を出してね。なんか・・・共通の、もっと・・・情報を公開した中で議論しようよ。」

勝谷「だけど、こないだまで日本空軍のトップの生き字引が言ってんですよ。」

田嶋「いーや、あたしは信じない。」(勝谷ずっこける。)

鈴木(あきれて笑いながら)「嘘を言ってるって言うの?」

田嶋「情報がない、情報がないしあまり勉強してなさらない。」

田母神「あなたはね、あなたは私を信じないって言う二人目の女性だよ。」(田島を含めて一同爆笑)

辛坊アナ「ちなみに、一人目は誰?」

田母神「一人目はうちのカミさん。

田嶋「いい加減にしてよ。」

スタジオ内 大、大、大爆笑のうちに、ゲスト退場。

終わって、たかじんの独り言「あのねぇ・・・私ずっーと聞かせてもらいましたけど、ま、見させてもらったって言うんですが、今年テレビ見た中でいっちばん面白かった。だけど、一言言わせてもらいますけど、勝谷さん、一つだけ注意しとくわ。『帰れ』はあかんやろ・・・散々しゃべらせた挙句『帰れっ』(と、勝谷の形態模写)・・・」

勝谷、平謝り、スタジオ内、爆笑の中に終わる。

(池田の総括は7回シリーズを飛び出して次回8回目に。)

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL