忍者ブログ

御製(天皇陛下のお歌) ふりつもる み雪にたへて いろか へぬ 松ぞををしき 人もかくあれ 解説:どれほど難題が待ち構えていよう とも、あのみ雪に耐えて色を変えない松のように、私たちの大切な国を もっと良い美しい国にしていく。

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/13 canon eos 600d kit]
[03/04 かっくるなかしま]
[11/19 tomyk]
[11/04 tomyk]
[07/30 検察OB]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ステディ ベア
性別:
男性
職業:
世間観察業
趣味:
JAZZ 演歌 讃美歌
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

萌ちゃん「け、結局のところぉ、か、核はどうやったら持たない・・・んですか?」(割り込み発言と騒音を防ぐために、耳の後ろを手で支えながら尋ねる仕草、これがまた可愛い)

池田「へ?」

鈴木「持たないで済まされるんですか、という、うん・・・」(騒音の中で聞いてもらえなかったんじゃないか、という老婆心)

萌ちゃん(懸命な面持ちで)「核を廃絶するためにはどうしたらいいのですか?」

池田(今まで見せなかった猫なで声で)「世界中、核非保有・・・(田母神のつぶやきに)ちょ、ちょっと黙れっ、(「黙れっって・・・」と笑いながら再びボヤク宮崎)世界のね、今、南半球は終わった、北半球もね、核兵器を使わないスタイルを作れば核は使いようがないでしょ?核を無用化してしまえばいいんだよ。」

テロップ:池田先生、方針を変えたようです。

萌ちゃん(池田の文節のひとつひとつにきちんと)「はい。」(けなげ~)

鈴木のつぶやき「田母神さんのときと、声がぜんぜん違う・・・」(一同クスクス)

池田「したらね、今ね、北朝鮮・・・あのー、東アジア、6カ国、朝鮮半島と日本でね、非核地帯に出来そうなんですよ、今」

萌ちゃん「へえー」(大きくうなづき、明るい表情 田嶋の「そう」の声も聞こえる)

池田「朝鮮半島の戦争が終わればね、そしたらね・・」

三宅(ほとほと苦笑しながら隣の田母神に)「何を言ってんだろうねぇ・・・」

田母神(明るく若々しい声を真似て)「それって、ほんとうですかぁ❤❤❤?」

テロップ:田母神氏も方針を変えたようです。

池田(思わずブチ切れ)「それっ、そこっ、6カ国協議は何のため開いたのか、あんた知っているのっ?

田母神(相変わらず明るく若々しい声で)あぁ、あれは日本に核兵器を持たせないためではないですかぁ❤❤❤?」(余裕たっぷりに、カメラ目線。)

池田(最後まで聞かないで)「違います、違います。何にも判っちゃいない、ぜんぜん判っちゃいないこの人。」

三宅「ん、はっはっはっはっ・・・」

テロップ:スクランブル体制?ここから田母神氏の反撃が始まります。

池田「朝鮮半島の非核化のために6カ国協議は始まったんですよ。

田母神(声色がガラリと豹変)建前ばかりでね、正面事象ばっかり追いかけてるから・・・

三宅(つくづく呆れた、という風情で)「あなた、おめでたい人だねぇ。」

田母神「んー、ホントにおめでたい人だ、おめでたい人だ・・・(威儀を正して一礼し)おめでとう御座いますっ」(場内爆笑)

池田「じゃ、もう一つ言ってやろう。自衛隊は何で食ってんだ、ん?自衛隊は何で食ってんの?」

田母神「ん?何で食ってるかって?・・・茶碗と箸。」

場内大爆笑、池田自身も大ウケ。
しかし、このままでは済まされない、何とか逆襲に転じたい池田。

池田「オマエな、自衛隊は、オマエさんのね、先輩はね、先輩はね、源田 実空幕長。」

田母神「うん。」(一転真剣な面持ち)

池田「あれ、俺、裁判で証人尋問したことあるんだよ。」(参加者一同、シーン)

テロップ:先生、少し作戦を変えたようです。

池田「4時間、ん、ん、4日間。」(スタジオ内失笑)

三宅「それが何の関係があるんだ。」

池田(田母神に向かって)「アンタよりもまだましだよ。」

田母神「あーん・・・なるほど。」(用心深く対応)

池田「そこではっきり話が出た。」

田母神「うん。」(依然として用心深い)

池田「日本にぃ、攻めて来るアジアの国はぁ、どこだ?・・・ありますか?」(「どうだ」と得意そうに)

田母神「あなた、何年の話をしてるんですか。」

勝谷「百里裁判の時です。」

池田「それが・・・」

田母神「何年の話をしてるんですか。」

池田「77年。」

勝谷「冷戦のときの話だ。」

田母神「77年・・・40年前の話をしてるんですか、それと今と状況一緒だと思ってるんですか。

池田「いや、いや・・・自衛隊はね・・・」

田母神「いや、いや、いや、全然成長してない、40年間。」

池田「おまえ、自衛隊の幹部だったら、もう少しね、頭を働かせてね、アジアを見て見ろってんだよ。

田母神「この人に評価されたら、私は・・・(言葉を選んで)まずいと思いますよ。(場内爆笑、池田、笑いながらずっこける。)

勝谷「30年くらい前で時間が止まっています。ちなみに源田 実空幕長は真珠湾攻撃の航空参謀だった人です。」

田嶋、例によって何かチョコっと発言するが、誰も聴きとめない。そして・・・

(続く)

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL