忍者ブログ

御製(天皇陛下のお歌) ふりつもる み雪にたへて いろか へぬ 松ぞををしき 人もかくあれ 解説:どれほど難題が待ち構えていよう とも、あのみ雪に耐えて色を変えない松のように、私たちの大切な国を もっと良い美しい国にしていく。

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/13 canon eos 600d kit]
[03/04 かっくるなかしま]
[11/19 tomyk]
[11/04 tomyk]
[07/30 検察OB]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ステディ ベア
性別:
男性
職業:
世間観察業
趣味:
JAZZ 演歌 讃美歌
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(再 掲)

>流水氏:五年にわたる彼(小泉)の改革の結果、死者が累々と積み重った「荒野」が日本国中に広がった。国民の怨嗟の声が野山に満ち、自民党政権はその後始末に狂奔せざるを得なかった。

流水氏が受け売りをする日本の政策批評は、「ちょっとでもマイナスがあってはならない」、そういうのをオール・オア・ナッシングってんじゃないのか。どんなことをやっても「評価」を「文句」に変えるのは簡単だ。
流水氏の言う「格差論」は、その辺りの弊害を意識せずに、行われているような気がしてしょーがねんだが。

どんな政策でも、いや極端に言えば、社会的行為のすべては、プラスとマイナスの両方の影響がでるのが、当然だろう。
だから、結局は「トータルでプラスになったのかどうか」という視点が本来執られるべきだ。

政治に完璧主義を求めるんじゃぁない。どこをどうやったって、歪みは必ずでる。「生じた歪みをいかに是正するのか」を議論すれば良いのであって、これを「小泉構造改革は失敗した」と声高に言い募るのは、やはり政治的な目的をもった「ためにする議論」って言われっぞ。

実際、「鬼の首」でも取ったみたいに興奮して「格差」を語る老人党や野党議員・評論家どもを見ていると、正直、何か小泉相手に負け続けた5年間の鬱憤を晴らそうとしているようにしか見えん。

資本の論理:経済の論理からすれば、市場原理による景気回復では、大規模に資金を動かせる企業、あるいは大胆にリストラした企業から先に景気回復の効果が出てくるのは当然のことである。(「日本資本主義の精神」 故 山本七平氏)

タイムラグを考慮するならば、「中小企業などへの格差は今後しばらく続く」だろうし、それを今の段階で議論をするのは時期尚早だと思うがなぁ。
どうもこの種の議論には「最後に一矢報いてやろう」という反権力の政治的意図を感じて仕方がない。

オイラは、経済格差を「大企業と中小企業の格差」、あるいは「都会と地方の格差」と解釈するのは、ふたつの点で間違っていると思っている。

まず、「資本家」と「ロードーシャ」というマルクス主義的な二分法によって「中間の存在をを認めない」思想では、この複雑な日本経済の問題点など簡単に説明できるわけはなかろう。
この辺は例の「赤木 智光」氏も訴えている。(無論、彼の言ってる全てが正しい訳じゃないが)

また、仮に二分法を使うにしても、今のような大きな変化の時代には、「企業規模」や「地域」といった属性では説明しきれないんじゃないか。
どうしても区分したいんなら、「新しい時代に適応した企業や地域」と「適応が遅れている企業や地域」とかに分けるべきだろう。
もちろん正しくは「適応度」という尺度によって、二分法的にではなく段階的に解釈されるべきである・・・これも山本 七平氏の受け売り(^^;

なぜ、(自民党にもいっぱいいる)構造改革批判論者の人たちは、中小企業や地方に対する差別があったかのような言い方を強調するのだろうか。
オイラは「格差を解消する」という美名のもとでバラマキ政治(大きな政府)を復活させようという政治家が暗躍しているのではないか、と考えている・・・陰謀説(^^;

「大企業・都会」からではなく「中小企業・地方」から景気回復を図るという手法は、バラマキ政治・補助金政治そのものだったじゃないか。時代に取り残された企業は本来速やかに淘汰(倒産)されなければならなかったんだ。

それじゃなくたって政治においては、だれも反対できないような美辞麗句の裏で、不平等な、つまり「格差」のある財政のバラマキが行なわれやすいんだ。財政赤字が深刻な現代にあって、大いに注意すべきことだとオイラは思っている。

こう書いていて、ふと思い出した過去ログがあった・・・(続く)

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL